薬剤師の活躍場所について

世の中には数多くの職業があり日夜業務に励まれているものと思われます。
そんな職業の中には私達の生活を支えてくれる業種も多々あります。
その中には薬剤師という職業も存在し、人を助ける事が出来る仕事として人気を誇っています。
そんな薬剤師の活躍場所について掲載していきます。
まず薬局です。
個人病院等に掛かった事がある方であれば誰しもが利用した事のある場所となっています。
その業務内容は医院から出された処方箋の通りの処方薬を患者さんに提供する事がメインとなっています。
勤務時間は日中となっていて多くは日祝が休日となっている事もあり、薬剤師の資格を保有している主婦等においては働きやすい環境と言える場所となっています。
次にドラッグストア等です。
ドラッグストアに勤務している薬剤師の方は営業時間内のシフトで稼働している為、なかなか定まった時間となっていない事が多いかと思われます。
さらにほとんどが年中無休の営業となっているので、日祝であっても仕事となってしまいます。
また医院からの処方箋も対応している所もありますが、ほとんどが店頭に陳列されている医薬品の販売が業務となってきます。
人と接する機会が多い職場となっており、お客さんの中には解らない薬について聞いてくる方もいらっしゃるので、対面する事が好きな方にとっては働きやすい場所となっています。
私達の健康の為に専門知識と高い技術で支えてくれる薬剤師が活躍している場所は数多くあっるのです。

出産後のブランクから復帰した体験談

第一子を出産後、1年半のブランクを経て昨年調剤薬局に復職しました。1年半のブランクの間に糖尿病や高血圧の薬の新薬が出ていたり、新しい作用機序の薬なども内服、外用薬問わず発売されていて知識を追いつかせるのに復職後最初の半年は必死でした。また、調剤報酬も今年大幅に改定されたので保険の知識を新しく身につける必要もあり、子供を寝かしつけたあとに必死で勉強して知識を取り戻そうと頑張りました。復職して思ったのは、産後の場合ホルモンバランスの関係かとても疲れやすく、就業中も以前と比べると注意力が散漫になりミスが起こりそうなヒヤリハットの機会も多く、ただ知識が追いつかないだけではない、産後のブランクの大変さを感じました。
ただ知識を増やそうとするだけではなく、意識して周りとコミュニケーションを取るように努め、ミスしそうなときは正直に周りに助けを求めるようにしました。最初の半年は本当にそれが申し訳なくて、以前のように機敏に働けない自分にやきもきしたり幻滅したりと落ち込むことも多かったのですが、薬局長の方がそんな私の状態をフォローしてくれたのでとても感謝しています。なので、ブランクの際は周りの協力のありがたさとともに、周りへの感謝、気遣いなどのコミュニケーション力もとても重要に感じました。
ブランクは悪い面ばかりではないと感じた出来事は、1年以上現場を遠ざかることで逆に改めて自分の職場について冷静に見られるようになりました。また、子育てした経験を投薬に生かせる機会も増えてきたので、これからも前向きに頑張っていきたいと思っています。

《ブランク薬剤師の復職体験談はこちら》
http://薬剤師ブランク復職.com/

薬剤師として働くメリット

薬剤師は、国家試験を受けて合格をする事で薬に関連する職に就く事が出来る職業です。
薬局での薬の調剤、ドラッグストアにおける薬の販売と消費者への説明などが主な仕事内容となっています。
医療機関と連携している薬局では、患者が医療機関で処方された薬を調剤して販売する役割を担っています。
正社員採用されているケースが多く、収入面では安定しているのが特徴です。
一方で、スーパーの医薬品販売コーナーやドラッグストアなどで働く薬剤師は、主に市販されている薬の販売や説明を行うのが仕事となっていますので、パートやアルバイトとして採用されるケースが多いです。
薬剤師になる為には、国家試験の合格が必須になりますが、その受験資格を得る為には、大学薬学部で6年間在籍して、所定の科目の単位を取得しなければいけません。
薬剤師には、幅広い薬の知識が求められ、年々用途が広がる薬の飲み合わせによる影響を常に把握出来る力が必要です。
薬剤師として働くメリットは、薬の知識を社会に還元出来る点です。
医療機関に所属している場合、チーム医療が重視されている昨今において、薬に関する知識を持つ薬剤師は大切なポジションとなっています。
医師などからの指示によって、処方箋に応じて適切な薬を患者に出す事で、治療を効率的に行える環境を整えられます。
薬剤師として働く場合、どこで働くのかによって、収入は大きく異なってきます。
医療機関との関係が深い薬局で働く事で収入が安定しますので、職場選びが重要です。

正社員として勤務する薬剤師の増加

最近では、正社員の形態として、薬剤師の仕事をする人が数多く見受けられているのではないかと思います。このような仕事は待遇が改善され続けているため、正社員として勤務する薬剤師の数が多くなることに直結しているのではないでしょうか。近年は薬剤師の仕事を通じて活躍する人が多くなってきており、正社員として働ける可能性が向上することにも絡んでいるとみられています。正社員の薬剤師のスタッフ数を増やす職場も増加し、一連の動向には強い関心が示されているのではないかと思います。
全国の各地で正社員待遇の薬剤師が多く見受けられるようになり、希望する形式で働ける環境が着実に整備されているのではないかとみられています。以前に比べて正社員として雇用する場所が飛躍的に増加したことも関わっていると認識されており、非常に良い傾向のひとつとして捉えられているのではないかと推測されています。現在進行形で、薬剤師の正社員での登用の事例が増加しているとも考えられているため、この職種を希望する人からもポジティブに捉えられているのではないかとみられています。
今後はより多くの職場などで、正社員として雇用される薬剤師が多く見受けられるようになるのではないかと予測されています。そのため、これまで以上に薬剤師の仕事をする人が増加することにも繋がるとみられ、医療関連の分野業界などでは歓迎される傾向として認識されるようになるのではないかと推測されています。

年代を問わず活躍している薬剤師

近年では、薬剤師が年代を問わず活躍するようになり始めているのではないかと推測されています。多くのエリアでこのような傾向が強く見受けられるようになり、多くの薬剤師の人材が常に活躍できる状況が確立されることにも繋がっているのではないかと思います。以前に比べて薬剤師が多方面で勤務するようになり、年代に関係なくこの仕事に就くケースが多く見受けられています。かつてよりも、このような特徴が確認されることが普遍的なものとして認識されているのではないでしょうか。
薬剤師として長く勤務する人材も、近年では着実に増加しているとみられています。そのため、若い薬剤師の人材が多く誕生することと同時に、幅広い年代の人材が活躍することに拍車を掛けていると言えるのではないでしょうか。全国的に見ても、様々な年代の薬剤師が高い頻度で活躍するようになり、多くの職場でポジティブに捉えられる動向として認識されているのではないかと思います。
昨今は、薬局などの医療関連の職場において、薬剤師を積極的に登用する動向がしばしば見受けられているのではないかと考えられています。そのため、このようにして年代を問わず薬剤師の仕事をする人が増加することにも直結し、活躍する傾向が強く確認されることにも絡んできているのではないかとみられています。このような特徴は、今後更に多くの方面で見受けられていくと予測されていることから、幅広い年代の薬剤師が活躍していくのではないでしょうか。